激うま熱田めし

Awesome Atsuta Meshi

トップ > 周辺情報 > 激うま熱田めし

「ホテルの近くにおすすめの店ありますか?」

たまたま、仕事で泊まったホテルだけど、どうせなら地元の美味しいお店で食べたいな。

コンビニや牛丼も近くにあるけれど、
自転車借りて散歩ついでに「激うま熱田めし」は如何でしょう。

ランチでおすすめどっかある?
晩御飯、1人で行ける美味しい店ある?
朝の市場で海鮮丼食べられる??

ホテルスタッフも本当は教えたくないけれど、地元の激うま熱田めしを紹介します!

自転車をこっそり無料レンタルもしていますので、
ご利用されたい場合はフロントスタッフまでお声掛けください。

1

ランチでおすすめ 「ダイニングなるかわ」

ホテルから歩いて1分。

有名ホテルのレストランシェフをされていた店長が作る至極の洋食ランチ。
毎日、日替わりでメニューが替わります。メニューはお店の前の看板に貼り出されます。

1.スープ
2.サラダ
3.メイン料理
4.パン and ライス
5.デザート or サイドメニュー

おおよそ上記のラインナップで850円というお値打ち価格です!

店長一人でランチは切り盛りしているので、お水やおしぼりは机に置いてあるのでセルフサービスです。お店に入れば、注文しなくても自動的に作り始めてくれます。

ランチは11時半からオープンして、およそ13時過ぎくらいに売り切れ次第クローズします。
毎週火曜日とランチは土日祝はお休みです。(たまに貸切予約で利用できない時もあります。)

夜も夕方からオープンしています。
夜はワインや本格料理をアラカルトで頼んだり、コースを事前予約することも可能です。
じっくり仕上げた「牛ほほ肉シチュー」やワインに合う「エスカルゴの煮込みマデラ酒風味」は絶品です。

店名 ダイニング なるかわ
ジャンル 西洋各国料理(その他)、イタリアン、ダイニングバー
営業時間 平日限定ランチ 11:30〜13:30
夜の部 17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日 火曜日
電話番号 052-682-3977
ホテルからのアクセス Google MAP

2

美味しい洋食ランチ「ちかさんの手料理」

ホテルから名鉄神宮前駅に向かって歩いて15分ほど、神宮前駅を超えた細い路地を進むと、隠れ家的に佇む「ちかさんの手料理」というお店。実は、食べログの「百名店」にも選ばれている名店です。

メニューはフライの定食が中心で、
1.スペシャルミックス(特選ヒレカツ、車エビフライ、天然ホタテフライ) ¥2,200
2.チキンスペシャルミックス(チキンカツ、車エビフライ、天然ホタテフライ) ¥2,000
3.車エビフライ+天然ホタテフライ ¥1,680
4.特選ヒレカツ+天然ホタテフライ ¥1,480
5.特選ヒレカツ+車エビフライ ¥1,480
などがあります。

今回は、「天然ホタテフライ」が食べてみたかったので、
4.特選ヒレカツ+天然ホタテフライ
をチョイス。赤だしとご飯がついてきます。

特選ヒレカツは衣がふわふわで柔らかく、ヒレカツもミディアムレアな具合でジューシー。

天然ホタテフライは、食べてびっくり。新鮮な為、わざと半生になっていて、めちゃめちゃ柔らかくて美味しいです!

写真だと、少な目に見えるのですが、ヒレカツもホタテも中身がぎっしり入っている為、十分にお腹いっぱいになります。男性であれば、スペシャルミックスでもいいかもしれませんね。

また、愛知特産の「大あさり」を使ったフライもあり、
大あさりスペシャルミックス(大あさり+天然ホタテフライ+車エビフライ) ¥2,500
もおすすめです。

土日祝もランチをやっているので、連泊で土日を挟む日には是非行ってみてください。

店名 ちかさんの手料理
ジャンル とんかつ、ステーキ、コロッケ・フライ
営業時間 11:30~14:00 日曜営業
定休日 不定休
電話番号 052-682-1541
ホテルからのアクセス Google MAP

3

行列だけど激うまラーメン「紫陽花」

ホテルから1号線を車で10分ほど西に向かった場所に、超人気らーめん店の「紫陽花」があります。

平日のお昼に行っても、20~30名待ちの人気店です。
現在は行列ができないように整理券を発行していて、何時から再度来てくださいとお店の方に伝えられます。火曜日の普通の平日に行ってみましたが、12時に着いた時点で「38番」の整理券を渡され、30分後に再度並ぶことになりました。ようやくお店の中に入れたのが13時です。

お店の中に入ると、コロナ対策が万全に取られ、入り口で手指消毒、マスクも食べる直前までつけて、食べる際はテーブルに置かないように指示があります。各席にアクリル板の衝立、調理場を挟む場所にもビニールシートが貼られていて、安心感があります。

店内に入ってすぐ左手にある自動販売機で食券を購入します。
王道の「特製醤油らぁ麺(¥1,100)」をいただきます。

鶏の染み込んださっぱりとしたスープは絶品。麺もツルツルとして上品な高級ラーメンといった感じです。特製の場合は、鶏と豚のチャーシューが幾重にも載っていて、これがまた柔らかくて美味しいです。人気店の為、30分~1時間は待ちますが、こんな上品なラーメンは中々他では食べられないです。是非一度お試し下さい!

店名 らぁ麺 紫陽花
ジャンル ラーメン、つけ麺
営業時間 【火~日】11:30~14:30/18:00~21:00
日曜営業
定休日 月曜日
電話番号 052-355-0787
ホテルからのアクセス Google MAP

4

昼でも夜でも最強きしめん「千年ニコ天」

ホテルから自転車で約10分ほどに、美味しいうどん屋さんがあります。

昼も夜もやっていて、夜は事前2日前であれば、裏メニューとして海鮮のコースも予約できます。

昼でも夜でも食べられるのが、名物の「きしめん」。通常のきしめんよりも太目で写真で見ると量が少なそうに見えますが、食べ進めると十分お腹いっぱいになる量です。

きしめんの麺は舌触りよく、喉越し良くスルスルと入っていきます。
出汁も美味しく、鼻に抜ける魚介節を感じると、「これぞ、きしめん」と名古屋を感じれます。

「ニコ天」では、きしめん以外にも「味噌煮込みうどん」や「カレーうどん」もあり、名古屋名物を一度に食べることもできます。また、夏場はざる形式で「ころうどん」や「ころきしめん」もおすすめです。

当然、きしめんやうどんは美味しいのですが、天ぷらも非常に美味しいです。
特に海老天は、こだわり抜かれたエビにて一度試す価値大です。

天ぷらきしめん(¥1,100)にすれば、どちらも味わえてお得です!

店名 千年ニコ天
ジャンル うどん
営業時間 【月・水~日】11:45~13:45(L.O)/18:00~19:45(L.O)
日曜営業
定休日 火曜日
電話番号 052-661-0016
ホテルからのアクセス Google MAP

5

朝一で魚市場の新鮮まぐろ丼「まぐろや」

当ホテルから自転車で15分、地下鉄で3駅(伝馬町⇒日比野)の所に、「名古屋市中央卸売市場」があります。中央卸売市場は、名古屋市民の食生活に欠かすことのできない生鮮食料品(青果・水産・食肉)を全国から大量に集め、適正な価格で分配する公設の卸売市場になります。

東京で言う所の「豊洲市場」です。(豊洲市場は東京都中央卸売市場と呼ばれます。)

その市場に「まぐろ」を専門とする卸専門店「まぐろや」があります。
「まぐろや」では、市場内に食事が出来る店舗もあり、平日・土曜の市場が開いている日で朝から美味しいマグロ丼を食べることが出来ます。

まぐろ一筋丼(¥1,200)は絶品です。
まぐろの種類もその時期に獲れる最高のまぐろです。

朝は7時くらいからお店が開いている為、少し早起きして市場で獲れた海鮮丼を食べに行ってみてはいかがでしょうか。旅行気分が味わえること間違いなしです!

店名 まぐろや
ジャンル 魚介料理・海鮮料理、寿司、海鮮丼
営業時間 7:00~14:00くらい、売り切れ次第終了
定休日 日・祝、市場休場日
電話番号 052-682-0868
ホテルからのアクセス Google MAP

6

朝4時半から昼まで市場食堂「一力」

当ホテルから自転車で約15分、「まぐろや」の道路を挟んで向かい側に「一力」があります。

一力は、朝4:30からお店が開いており、市場関係者も利用します。

お昼の12時に近づくと、店の前にお客さんの行列ができてきます。
お昼ごはんで食べるのであれば、11時くらいに行くとスムーズにお店に入れると思います。

さすが市場の食事処、海鮮丼、刺身定食、穴子天丼、メバルの煮付け、カキフライ、ホタテバター、ネギトロ丼、イカ刺し、カツオのたたき等、昼から一杯飲みたくなってしまいます。

車エビ、煮アワビ、ワタリガニ、かんぱち、トロ、ウニも見えますね。。。

どの海鮮も新鮮でおいしいですが、特に見た目のインパクトのあるメニューが
穴子天丼(¥1,000)
です。

丼ぶりから、穴子の頭と尻尾が飛び出しています。。
穴子天丼は良くあれど、穴子の頭ごと食べるなんて、中々できないと思います。
身は柔らかく、ボリューミーです!

早起きして朝から食べても、早目のお昼に食べに行っても最高です。
江戸時代、熱田には魚市場があったことを思い出させてくれるお店の一つです。

店名 一力
ジャンル 魚介料理・海鮮料理、定食・食堂、海鮮丼
営業時間 【月~土】4:30~15:00
定休日 日曜日、祝日、市場休業日
電話番号 052-671-2417
ホテルからのアクセス Google MAP